アートメイクの維持

アートメイクアートメイク自体は、数年持つことが多いと言われています。しかし、本格的なタトゥーとは違って、数年ごとに色が抜けてくる場合があります。もちろん、それは故意にそういう風にしている場合もあります。やはりメイクの必要性というのは、年齢によっても変わってきます。だからこそ、アートメイクの場合は数年で落ちるようになっているのです。もちろん、方法によっては数か月で落ちるものもあります。それらも理解して、どのように維持していくかを考えていくことも重要となります。長く保ちたいという方は、アートメイクを施してもらう際に、より多くの色を入れてもらうと良いです。

また、普段からメイクをするという方は、常に各部位に刺激を与えることが多くなります。刺激を受けた肌は、より代謝が早くなるため、色落ちすることも多くなると言われています。もちろん、だからと言ってすぐに色が落ちるとは言いませんが、そこはしっかり考えて対処していくことが必要となるでしょう。アートメイクを受けた場合は、その施術をしてくれたクリニックや病院で維持メンテナンスもおこなうことをおすすめします。実際にメンテナンスをしっかりおこなえば、長く保つこともできます。安心して長持ちさせるためには、そういう点も気を付けておくことが必要となります。

美容皮膚科で施術

ドクター実際に病院やクリニックが見つかったら、その美容皮膚科でアートメイクの施術を受けるのが基本です。実際に素人の方がどのような方法で施術してもらうのかを考えても、理解できないことが多いです。噛み砕いて説明すると、アートメイクでは該当する部位に針などを使って色を入れていきます。眉毛や唇など、色を際立たせておきたいところに色を入れるので、かなり印象も違ってきます。いつもメイクで印象を変えているという方は、こういうアートメイクをしておくことで時短メイクを実現することもできます。もちろん、施術してもらう場合は、質の良い美容皮膚科を選ぶことが必要です。

ちなみに、美容皮膚科の施術は1回で終わることもあれば、数回に分けて施術する場合もあります。経過観察なども含めると、数週間かかることもあるかもしれません。ただ、施術によってはアートメイクも数年ほど持つものが多いので、一度入れてしまえば後は楽ということも多いです。その点、実際に上手に活用することによって、より活用していくと良いのではないでしょうか。なお、美容皮膚科の場合は自由診療となるため、費用もそれなりに必要となることが多いです。そこは、しっかりチェックしておくことをおすすめします。